お知らせ

 2018年10月1日 2018年度10月園だよりをUPしました。

2018年10月27日 保護者の皆さまへのフォトギャラリーに幼児いもほりをUPしました。

2018年12月7日  2018年度11月園だよりをUPしました。

        2018年度12月園だよりをUPしました。


緑が心を満たす毎日

法人の基本理念

社会福祉法人ユーカリ福祉会が運営する保育園は、児童憲章の精神を基本理念とし、子どもの人権と個性を尊重し、自然を愛し、科学と芸術を尊び、道徳的心情が培われる保育を推進していきます。子どもたちを、個性と能力に応じて教育し、社会の一員としての責任を自主的に果たすように導き、また、虐待や酷使、放任、その他不当な扱いから守り、愛とまことによって人類の平和と文化に貢献する子どもたちを育て導くために、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福のために、すべての叡智を結集し、保育として具現化することを法人の使命とします。

ユーカリ福祉会は、創設以来、保護者や行政と力を合わせながら地域の子育ての良きパートナーとして、保育園の様々な機能を最大限に生かし多様なニーズに応えてくるように努めてきました。今後も“子どもの最善の利益”のために、児童の福祉を積極的に推進し、合わせて地域における家族支援も行っていきます。

 児童の福祉を積極的に推進するために、職員は豊かな愛情を持って保育にあたり、児童の処遇向上のために知恵と力を出し合い、また知識や技術の向上に努め、地域の子育て支援のため、常に社会性と良識を研鑽していきます。


園の基本理念

東久留米市立上の原さくら保育園は、公設民営園として平成2241日に開設され、社会福祉法人ユーカリ福祉会が運営をしています。

園は、子どもたちが家庭に次いで長い時間を過ごす場所です。私たち保育者の日々の関わりが、子どもの人格形成等に大きく影響することを深く意識し、言葉や行動の意味や責任を十分に考え保育にあたります。

そのために、可能な限り小規模で家庭的な雰囲気を用意し、その中で十分に遊び、個々の子どものペースにあった生活が送れるようにすることで、子どもたちの主体的・探究的・体験的・共同的な生活が保障できる環境づくりに努めます。

環境という点では、私たち保育者の意識も重要です。子どもと「共に生き、共に育つ」ために、子どもたちと関わる私たち保育者が、しっかりとした生活感覚を持って生きていくことを大切に考えていきます。

常に、私たち保育者が「直接体験」を心がけ、子どもの驚きや発見を受け止め、共感を持って子どもと向き合っていくことで、子どもたちが自信を持って、意欲的に力強く生きていくことを支えていきます。

 

 

園が、子ども・保護者・職員にとって、人との関係を心地よく感じられる場であるように、連携と協働を大切にし、地域とのつながりも大事にしながら、子どもも大人も共に育つ関係を大切にしていきます。

園の方針

1.      園は、子どもにとって第2の家庭である。よって生活している時間の大半を、楽しく穏やかに過ごせる場所としていく。

 

2.      人に対する安心感、信頼感が育まれるように、一人ひとりに対して大切に丁寧に関わっていく。

 

3.      自然に近い存在である子どもとの感性に触れることで、保育者も成長していく。自己を研鑽することで、常に子どもの良きモデルになる。

 

4.      園が、子どもにも、保護者にも、職員にも”生きる勇気“を感じさせられる場であるように、環境づくりに努める。

 

5.      家庭及び園の文化を相互に認め合い、子どもの豊かな成長のために、園と家庭が連携をしていく。

 

6.安定した人間関係の中で、どもたちが相互に良く影響し、自分自身を伸ばしていくことを援助

  す

保育目標:豊かなこころと、丈夫なからだ


子どもたちのしあわせのための約束

 

○ やさしい心を育み、勇気をもって、やさしさを実践できる子どもに育てる。

○ 自主性・主体性を育てる集団づくりのなか、自分の目でみて、自分の耳できいて、自分の頭で考えて、いきいきと行動できる子どもに育てる。

○ 幼い命の成長に添おうとするすべての人々の叡智と、きめ細やかな養護、適切な援助、家庭支援等、誠実な実践によって共に学び合う。

○ 鋭い感受性を持った創造的な芸術家としての子ども、深い人間愛を身につけようとする生活者としての子ども、そのかけがえのない命が表現するよろこびを受容し、よろこびとかなしみを共有して行く。

○ 身体的にも精神的にも社会的にも健やかな子どもたちに育てる。